くらしの情報

前のページに戻る

後期高齢者医療制度

 75歳になられた全ての方が加入する医療制度になります。75歳の誕生日付で交付される後期高齢者医療被保険者証(以下「保険証」)を、受診された医療機関の窓口に提示していただくと、一部負担部分を除き医療機関に支払われます。
※一部負担部分は被保険者の所得により1割か3割のいずれかになります。
助 成
対象者
  1. 75歳以上の方
  2. 65歳以上で身体障害者手帳1〜3級、4級の一部の方
  3. 65歳以上で障害年金1・2級の方、精神障害者保健福祉手帳1・2級の方
  4. 65歳以上で療育手帳Aの方
  5. 上記の内容に該当された方でも、生活保護受給者は対象となりません。
手続概要  満75歳の誕生日を迎えられる前に、役場から保険証交付のご案内のお手紙をお送りします。そのお手紙と印鑑、通帳を持って役場住民福祉課へお越しください。

その他 次の場合には手続を行ってください。
  1. 保険証を失くされたときは、印鑑を持って住民福祉課へお越しください。
  2. ひと月の限度額以上の医療費を支払った場合、差額の還付を受けることができます。該当者には新潟県後期高齢者医療広域連合(以下「広域連合」)よりお手紙が届きますので、そのお手紙と印鑑、通帳を持って役場住民福祉課へお越しください。
  3. 住民税非課税世帯の方は、入院時の医療費の自己負担額が減額される「減額認定証」の交付申請ができます。保険証、印鑑を持って役場住民福祉課へお越しください。
  4. やむを得ない事情により減額認定証の申請ができなかった場合で、既に支払がお済みの方は、申請によって差額の還付が受けられます。
  5. 交通事故などで治療を受けるときは、「第三者による傷病届」が必要です。詳しくは役場住民福祉課まで連絡ください。
  6. 保険証を提示せずに治療費全額を支払った場合、一部負担金を除く差額の還付が受けられます。また、コルセット等の補装具の作成も給付を受けることができます。申請の際には、病院等の領収書、治療内容の明細書、印鑑、保険証、振込先金融機関・口座番号の分かるもの、補装具等は医師の意見書及び同意書が必要になります。
  7. より詳しいことをお知りになりたい方は、役場住民福祉課へお越しいただくか、下記HPをご覧ください。
    広域連合ホームページ  http://www.niigata-kouiki.jp/ 

老人医療費助成制度

 受診された医療機関の窓口に老人医療費受給資格証と健康保険証を提示することで、一部自己負担部分を除き医療費が助成されます。
助成対象者
  1. 68歳・69歳で低所得世帯老人(生計中心者が市町村民税均等割以下の世帯の方)
  2. 65歳〜69歳で常時ひとり暮らしの状態にある方
  3. 65歳〜69歳で3ヶ月以上にわたって、常時寝たきりで、日常生活における基本的な動作(食事・排便・入浴・起臥等)が困難で他の介助を必要とする状態にあり、かつ、その状態が継続すると認められる方※ただし、所得が125万円を超える方は除かれます。
手続概要 その他 次の場合には手続を行ってください。
  1. 新規に申請をするとき(受給者証をなくしたとき)は、健康保険証、印鑑をもって窓口で「老人医療費受給資格証」の交付(再交付)申請をしてください。
  2. 老人医療費受給資格者で受診時に総医療費の3割で支払いをしたときは、「老人医療費給付申請書」に受診した医療機関の証明をとったうえ、窓口で「償還給付」の申請をしてください。申請の際には、申請書、健康保険証、印鑑、振込先の分かるもの、領収書をご持参ください。
申請に
必要なもの
  1. 健康保険証
  2. 住民票、記載事項証明書
  3. 前年(1月から7月に行う申請については前々年)の所得及び収入の状況を証する書類

在宅高齢者サービス

 在宅高齢者の皆さまに対するサービスを簡単にご紹介しています。お気軽にご相談ください。
受付窓口
問合せ先
  1. 弥彦村地域包括支援センター TEL.0256−94−1030
  2. 居宅介護事業所 各ケアマネージャー
  3. 弥彦村役場住民福祉課福祉介護係 0256−94−3133
内 容 高齢者相談窓口
■介護予防のマネジメント
■高齢者家族への総合的な相談・支援(高齢者虐待防止や権利擁護事業を含む)
■ケアマネジャーへの支援等
■問合せ:弥彦村地域包括支援センター 0256−94−1030
紙おむつ支給
■対象:65歳以上で、在宅で常時おむつが必要と認められる方
■支給限度:1か月につき3,500円以内
■問合せ:弥彦村社会福祉協議会 0256−94−4551
外出支援サービス
■対象:一人暮らしや高齢者世帯等で交通手段がなく、外出に介助が必要な方
■特殊車両:介護保険法で規定された要介護認定を受けた方。月2回を利用限度とし、片道20km以内の医療機関への送迎に限る。
■タクシー利用券:村民税非課税世帯に属する方で、タクシーを利用する以外に長距離(通院や買い物等)の移動手段がない方。年間24枚を限度として利用券(初乗り料金)を交付する。
配食サービス
■対象:おおむね65歳以上の一人暮らし高齢者世帯、高齢者のみ世帯、身体障がい者世帯
■回数:昼食…火・木・金曜日  夕食…毎日
■費用:村民税非課税世帯…400円/食  村民税課税世帯…650円/食
緊急通報システムの設置
■対象:おおむね65歳以上の虚弱な一人暮らし世帯の方(所得税非課税世帯)
■費用:機器使用料…無料
寝具の無料乾燥
■対象:おおむね65歳以上の高齢者世帯で常時紙おむつを必要としている方
■回数:月1回
■費用:村民税非課税世帯…無料  村民税課税世帯…1割(約300円)
訪問健康診査
■対象:高齢または障がいのため住民健診を受診できない方
■費用:無料
歯科訪問診査
■対象:寝たきりまたはこれに準ずる方
■費用:無料
徘徊高齢者家族支援事業
 認知症(痴呆)で徘徊癖を持つ方の事故防止のため、位置検索システムへの加入金を助成します。
軽度生活援助
 一人暮らし高齢者世帯や高齢者のみの世帯の方を対象とし、ホームヘルパーができない障子張りや草取りなどの費用の一部を助成します。
弥彦村在宅介護支援金
■対象:要介護度4以上で、特別障害者手当を受給していない者を、月16日以上在宅で介護している方
■支給額:1か月 10,000円

インフルエンザ予防接種の公費負担制度

対象者
  1. 満65歳以上の方
  2. ただし、下記の疾患がある方は満60歳から
    @ 心臓機能障害  A 腎臓機能障害  B 呼吸器機能障害
    C ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害
接種期間 毎年10月1日から翌年3月31日
※上記期間以外は全額自己負担となります。
自己負担額 1,080円(医療機関でお支払いください)
※生活保護世帯の方は、自己負担はありません。

高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種

対象者
  1. 当該年度に65、70、75,80,85,90,95,100歳になる方 ※平成26年度に限り101歳以上の方
  2. ただし、下記の疾患がある方は満60歳から
    @ 心臓機能障害  A 腎臓機能障害  B 呼吸器機能障害
    C ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害
自己負担額 4,640円(医療機関でお支払いください)
※生活保護世帯の方は、自己負担はありません。
注意事項 接種を希望される方は住民福祉課の窓口へお申し込みください。予診票をお渡しします。
※平成26年10月1日から
受付窓口・お問い合わせは・・
担当課名 福祉保健課 福祉介護係 
電話番号 0256−94−3133
電子メールアドレス hoken@vill.yahiko.niigata.jp