くらしの情報

前のページに戻る

児童手当

 中学校修了(15歳到達後最初の年度末)までの子どもを養育している方に支給されます。
支給額
(月額) 
 3歳未満              一律 1万5千円 
 3歳〜小学校修了前  第1子・第2子 1万円、第3子 1万5千円  
 中学生               一律 1万円 (所得制限者 5千円)
必要なもの
  1. 印鑑
  2. 申請者の健康保険証
  3. 通帳など(振込先の銀行名・口座番号がわかるもの)
  4. 所得証明書
  5. その他、必要に応じ提出いただく書類があります
注意事項
  1. 公務員の方は職場からの支給になります。
  2. 所得制限額は一律ではありません。詳しくは住民福祉課住民医療係までお問い合わせください。

児童扶養手当

 次のいずれかに該当する子どもを監護する父または母、あるいは父母に代わって養育している方に支給されます。ただし、所得制限があり、一定の要件を満たした方に限ります。
 なお、子どもとは、18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある者をいいます。政令で定める程度の障害の状態にある子どもにあっては20歳未満です。
支給される方
  1. 父母が婚姻を解消した子ども
  2. 父または母が死亡した子ども
  3. 父または母が一定程度の障害の状態にある子ども
  4. 父または母の生死が明らかでない子ども
  5. その他(父または母が裁判所からのDVほほ命令を受けた子ども、父または母が1年以上拘禁されている子ども、母が婚姻によらないで懐胎した子どもなど)
支給額
  1. 子1人の場合         月額42,330円( 所得額に応じて最低9,990円)
  2. 子2人の場合         5,000円加算
  3. 子3人以降の場合       1人につき3,000円加算
必要なもの
  1. 印鑑
  2. 戸籍謄本(本籍地が弥彦村の方は省略可)
  3. 世帯全員の記載事項に省略のない住民票(住所地が弥彦村の方は省略可)
  4. 加入年金、年金番号のわかる書類
  5. 手当の振込先金融機関・口座番号のわかるもの
  6. 転入の場合は前住所地の所得証明書
  7. その他、請求の要件に応じて提出していただく書類があります。(書類は住民福祉課に用意してあります)
注意事項 婚姻を解消していても離婚した父または母と生計を同じくしているときや、国内に住所がないときは支給されない等の要件もあります。

子ども医療費助成

 中学校を卒業するまで(満15歳になった最初の3月31日まで)の子どもは、保険診療にかかる医療費の自己負担額から一部負担金を引いた額が助成されます。
 ■一部負担金  ・通院・・・月の初回から4回目まで受診日ごとに530円
           ・入院・・・1日1,200円
           ・調剤薬局…0円(医師の処方せんによってもらう薬)
助成方法  医療機関の窓口に、村で発行する「子ども医療費受給者証」と「健康保険証」を提示すると、一部負担金を医療機関に支払うことで助成が受けれます。
 また、受給者証を医療機関に掲示できなくて、自己負担3割(又は2割)支払った場合、申請すると後日、一部負担金を引いた額が口座に振り込まれます。(償還払い)
必要なもの
  1. 印鑑
  2. 健康保険証
  3. 領収書(診療点数など書かれたくわしいもの) ※償還払の場合に必要です。
  4. 保護者の預金通帳 ※償還払の場合に必要です。
注意事項
  1. 健康保険証が変更になったときは、子ども医療費受給者証、健康保険証、印鑑を持参し変更手続を行ってください。
  2. 住所・氏名が変更になったときは、子ども医療費受給者証、印鑑を持参し変更手続を行ってください。
  3. 村外へ転出するときは、子ども医療費受給者証を返還してください。
  4. 生活保護を受けるようになったときは、子ども医療費受給者証を返還してください。
  5. 子ども医療費受給者証をなくしたときは、身分証明書(健康保険証等)、印鑑を持参し手続を行ってください。

乳児紙おむつ購入費の一部助成

 乳児のいるご家庭に紙おむつを購入した費用の一部助成を行っています。
助成対象者 弥彦村に住所がある乳児の保護者
助成対象児 赤ちゃんの生まれた月から1歳になる月の末日まで
助成金額 ひと月3,500円を限度
必要なもの
  1. 領収書(レシート不可)
  2. 保護者の通帳(郵便局を除く)
  3. 印鑑
申請する月 申請月 助成対象月  申請月の1日から15日(土日・祝日の場合はその翌日)までに、それぞれの助成対象月に購入した紙おむつの助成手続きを行います。
 7月 4月〜6月購入分
10月 7月〜9月購入分
 1月 10月〜12月購入分
 4月 1月〜3月購入分
注意事項
  1. 領収書には必ず購入年月日、詳細な製品名及び購入者氏名を明記してもらってください。
  2. 助成金額は申請月の翌月に口座振込します。

ひとり親家庭等医療費助成

 受診された医療機関の窓口にひとり親家庭等医療費受給者証と健康保険証を提示することで、保険診療にかかる自己負担額から一部負担金(外来・1回につき530円、月4回が限度/入院・1日につき1,200円)を引いた額を助成します。
 ただし、ひとり親家庭等医療費受給者証の交付は所得制限があります。
助成対象者
  1. ひとり親家庭の親及び児童
  2. 父母のいない児童
  3. 父母のいない児童と同居してこれを監護し、養育している者
    ※児童については18歳到達後の年度末までです。
必要なもの
  1. 印鑑
  2. 親子それぞれの健康保険証
  3. 転入の場合は前住所地の所得証明
  4. その他請求に応じて提出いただく書類があります(住民福祉課に用意してあります)
注意事項
  1. 健康保険証が変更になったときは、ひとり親家庭等医療費受給者証、健康保険証、印鑑を持参し変更手続を行ってください。
  2. 住所・氏名が変更になったときは、ひとり親家庭等医療費受給者証、印鑑を持参し変更手続を行ってください。
  3. 村外へ転出するときは、ひとり親家庭等医療費受給者証を返還してください。
  4. 生活保護を受けるようになったときは、ひとり親家庭等医療費受給者証を返還してください
  5. ひとり親家庭等医療費受給者証をなくしたときは、身分証明書(健康保険証等)、印鑑を持参し手続を行ってください。
受付窓口・お問い合わせは・・
担当課名 福祉保健課 児童福祉係
電話番号 0256−94−3133
電子メールアドレス hoken@vill.yahiko.niigata.jp